そこが知りたい!車の事!

賢く売るための車下取り基礎知識

消費税増税と車下取り


日本は今後も消費税増税の可能性を持っている状況にあります。過去の例を見ても増税の直前には購買需要が増大するという傾向があり、今後消費税を挙げるタイミングがあれば同じように駆け込み需要が発生する可能性があると考えられています。自動車の様な大きな金額が動く買い物の場合には、数パーセントの税金というのはかなり大きな金額になるのです。それを避けたいと考える消費者の気持ちはよくわかります。
しかし、その様な際に気なるのは下取りに関する問題です。下取りされた車の行き先というのは基本的には中古車市場です。そのため中古車市場に車があふれ、下取り価格が下落する可能性もあります。この問題に関しては現在使用している車が何であるかが重要になってきますので画一的な答えはないのですが、下落の可能性というのは高いかもしれません。基本的に下取りは購買意欲向上のために行われているという側面もありますので、駆け込み需要で忙しい時期にサービスをする必要はないとも言えます。そのため増税後に購入してもそれほど極端な差はつかないと考えることも出来ます。実際に消費税8%への増税後には負担増の分、何らかの対応が取られたカーディーラーがほとんどでした。


コメントを受け付けておりません。