そこが知りたい!車の事!

賢く売るための車下取り基礎知識

外装のチェックポイント


車の買取専門店に売却する方法と下取りに出す方法がありますが、一体どちらの方がお得となるでしょう。
新車購入の際に下取りとして車を査定するのは一般に、見積もり価格で買取店の方が高値を出す傾向が見られます。
まずここには巧妙なテクニックがあります。
高価買取のポイントは人気が第一条件です。
下取りの場合、年式やグレード別に内外装が入念にチェックされ、最低買取価格として査定されるでしょう。
ボディーは大きなキズが無ければ磨きで艶が戻せます。
例えば、平成15年の黒のクラウンアスリートの標準グレード事故歴なし、走行距離45000kmとしましょう。
ディーラーでの査定は高くて50万円まででしょう。

この車の場合、9年落ちではありながら人気のアスリートモデルで、しかもS18型ゼロクラウン、12代目のモデルヒットモデルであること、人気の黒であること、事故歴なしで、走行距離が9年で45000kmと少ないことが評価となります。

おそらく、買取店専門店で一括見積もりをすれば、最高額で70万円は付けるはずです。
20万円も高く買取ってくれるのであれば、高値を付けた買取店に売ろうと考えるでしょうが、ただ、新車購入の意思がある場合に、最高額が70万円で買取ってくれるので他社で、車両購入も同時にすると伝え、盛り上がっていた契約をドタキャンすれば、同額で下取りで新車を検討し直してしてくださいと言ってくるはずです。
さらに新車の値引きが別に交渉すれば、ものすごくお得となります。
ディーラーでは、最初から高い価格を付けていないだけで、本気を出せば新車購入で大きな利益が得られるディーラーの方が高く買取りが出来る仕組みを持っています。

 


コメントを受け付けておりません。