そこが知りたい!車の事!

賢く売るための車下取り基礎知識

ディーラーと中古車業者の違い


車を売却する場合、まず、ディーラーに依頼する場合は下取り単体で行ってくれることは少なく、車の購入とセットとして、購入額から下取り額を引く、というケースが多いです。下取りした車は中古車として販売することになるため、高く売るのであれば購入する車と売却する車のメーカーを同じにする必要があります。この場合、車の購入と売却を同時に行えるため、手続きが少なくて済みます。また、新車が納車されるときまで車を使い続けることができます。ただし、あまり古い年式では下取りしてもらえず、処分費用を取られることもあります。一般的には中古車業者と比べると査定が低くなると言われていますが、車の販売数を増やしたい決算期などには高く売れることもあります。しかし、実際に査定を受けなければどちらが高いかは分からないため、中古車業者にも見積もりを取っておき、それを提示して交渉すると良いです。
中古車業者の場合、買取単体でも利用できるため、車を処分したいだけの場合などに便利です。また、メーカーを気にする必要がありません。年式が古いものでも値が付き、事故車や動かなくなった車でも部品取りなどに利用できるため買い取ってもらえます。複数の業者に一括で見積もりを取ることもできるため、高い査定が付きやすくなります。しかし、売却後に車の購入を考えている場合、手続きが増え、納車までは代車を利用しなければならないなどの不都合もあります。


コメントを受け付けておりません。